日本夜景遺産に登録されている【十文字原展望台】から別府市を一望しよう!




今回は標高500mの所にある十文字原展望台から景色を見に行きました!

東九州自動車道別府ICから車で約15分の所にある「十文字原展望台」。 日本の夜景100選にも選ばれており、 大分でも特に人気の夜景スポットとなっております。

別府市街はもちろん、大分市や国東半島まで一望できます。行ったときはたまたま風がほとんどなく、そこまで寒くはなかったのですが、やはり標高の高いところですので、寒くない格好をおススメします。

私は違う日に2回訪れました。1回目は天気も良く、オレンジ色に照らされた別府市と大分市の夜景が華やか。

2回目に訪れたときはあまり天気が良くなく、遠くの方がボヤっとした感じだったのですが、前回とは違った雰囲気を楽しむことができました。ちなみに先程から載せている写真は展望台から右側に見える夜景になるのですが、反対側を見てみると…

立命館アジア太平洋大学(APU)のキャンパスと大分自動車道を望むことができます。その奥は日出町。更に日が出ているときには国東半島、霧がなければ四国まで見えるそうです!

今回は別府市内のお店ではなく、別府市を一望できるオススメの場所の紹介をさせて頂きました。ご家族や友達、カップルにうってつけの場所となっております。例年通りであれば夏と冬に花火が上がります。近くで見るのも良いですが、あえて遠くから別府市と花火を一緒に見るのも風情があって良いのではないでしょうか?

十文字原展望台

住所:〒874-0001  大分県別府市大字野田字大窪1199-10 

アクセス:別府駅からバスで40分

HP:http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/entries/lookout-spot

0